春のいけばな展 「中央研修学院祭」に出瓶しました


真ん中の光が、微妙に変わっているのがわかりますか?
黒の台の下に、ハーバリュームライトを仕込んでいます。
そして‥

☆「 大賞 」☆を頂きました!


この「春のいけばな展」は、池坊中央研修学院をこの春に卒業した人達が出瓶する学院祭もあり、私はそれに出瓶しました!
(いつも京都に行っていたのはこの為でした^_^)
そして、投票によって、「大賞」を頂いた次第です!
詳しくは↴

作品について少しお話しします。
会場でも、「お花はどの様に指しているのですか?」
「花器に入っている液体は何ですか?」
など質問されたので、ブログでもお話ししたいと思います^_^

まず花器の中に入っているのは、「エコゼリー」というゼリー状の水揚げ剤です。
このゼリ-が、水よりも断然、光の効果が増しました!
ゼリー本体だけなら硬い感じがしたので、水で薄めて、透明感と柔らかさを出しました。
花の指し方は、まず、かすみ草は短く切って、ゼリーに浮かべる様に指しているだけです。
ビオラの葉(花器の右側に並んでいる)も同じです。
ただビオラの花は茎をそのまま指しても安定しないので、薄いアクリル板に穴を開けてビオラの茎を指して使いました。

1本すうっと高く入っているのは、沖縄シャガで、吸盤付きの透明の剣山に固定してあります。

ゼリーを入れる前に花器に固定しました。

吸盤付き剣山です。

これが光を出している「ハーバリュームライト」です。単4電池3本入っています。

緩衝材の中央をくり抜きライトをセットしました

ホームセンターでプラスチックの板(1枚180円)に穴を開けセットします。

これで完成です!

これにたどり付くまでには色々試行錯誤しましたが、たくさんの方から共感される作品が出来て良かったです。